昨年秋、東日本大震災直後から5年ぶりに、復興を目指す三陸海岸を訪れた。唐桑半島から気仙沼、陸前高田を回りながら、地元の方々に災害危険区域の防潮堤の有無について、気の遠くなるような合意形成までの話や、復興の現状など、聞けば聞くほど多くの矛盾にやるせない気持ちになった。7mや14mの圧倒的なスケールの防潮堤を前に、アクリルの窓越しに見える三陸の海に人は何を思うのだろうか……。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら