ロンドンの火災は、外壁の構成など現代建築の特徴が被害を拡大した面もある。同種の文脈で捉えられる大規模火災は日本にもある。2月に起きた「アスクルロジパーク首都圏」の倉庫火災はその1例だ。鎮火まで12日間を要したこの火災について、検証に加わった早稲田大学の長谷見雄二教授に聞いた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら