奈良市にある薬師寺の境内に、僧侶の食事の場だった食堂(じきどう)が復元された。白鳳様式の木造寺院建築を鉄骨造で再現する際、設計や施工順序の検証などでBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)が活躍した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら