復活した連載「私の駆け出し時代」の2人目は、シーラカンスK&Hの共同代表である工藤和美氏。シーラカンス時代の「千葉市立打瀬小学校」(1995年竣工)で注目を浴び、シーラカンスK&Hに改組してからも、学校建築を中心に活躍している。就職活動では女性差別の壁にぶつかることもあったが、海外留学でチャンスをつかんだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら