天井裏に設置した設備機器との干渉を避けられる耐震天井工法が登場した。シグマ技研(横浜市)が開発した「レ形ブレース構法のΣ(シグマ)耐震天井工法」だ。独自形状の金物などを使うのが特徴で、特定天井に対応している。野縁受け方向に加力した試験では、5090Nの許容耐力を確認した。同システムの重量は、1m2当たり20kg程度。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら