熊本地震で新耐震基準の導入後に建てられた木造住宅に一定の被害があったことを受け、国土交通省は5月16日、「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法」を公表した。所有者やリフォーム事業者ができる簡易な診断法を記したのが特徴。対象は、2階建て以下の在来軸組み構法の木造住宅で、1981年6月から2000年5月までに建築したものだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら