日本初の集約電波塔、名古屋・栄のシンボルタワーである名古屋テレビ塔で免震改修が実施される。運営会社の名古屋テレビ塔が、2018年度中にも設計をまとめる考えを明らかにした。工期は約20カ月を見込んでおり、工事中は営業を休止する予定だ。総事業費は約20億円。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら