超高層マンションが急増し、大手建設会社は長周期地震動を想定した技術開発にしのぎを削る。最新の動向では、建物内外を二重構造にする平面計画に関心が集まっている。背中を押すかのように、国はこの4月、超高層建物や免震建物の大臣認定の運用を厳しくする。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら