善光寺(長野市)は、繊維メーカーの小松精練が開発した炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド」を、国の重要文化財である「経蔵」の耐震補強材に使用した。鉄筋ブレースを用いた在来工法に比べて、木材を傷つけるリスクが小さく、耐久性が高い。施工も容易になるので、工費を抑えられる。開発した炭素繊維ロッドを重要文化財の耐震補強に用いるのは、全国で初めてだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら