地域に開放するなど、学校は公共性が高い建築であり、利用者が大人中心の場合とは違って特殊な寸法体系を必要とする。学校建築を数多く手掛ける日建設計の岩崎克也設計部長に学校の階段について聞いた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら