2020年東京五輪・パラリンピック開催後まで視野に収め、都心部大改造に拍車がかかっている。国が後押しする東京圏国家戦略特別区域に新たな事業が加わり、20年以降に様変わりするエリアの姿も浮かび上がる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら