2017年は、商業施設に文化施設や映画館など異なる機能を盛り込んだ注目施設が次々と完成を迎える。既存の商業エリアに現れるそれらの複合型・地域交流型の新拠点は、街の流れを変え、多様な人々を呼び込みそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら