これまで見てきたように、省エネ適判が設計や工事監理の実務に与える影響は大きい。実務者からは煩雑な手続きやスケジュールの遅れなどに懸念の声が上がる。制度の円滑な運用に向けて課題は山積している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら