公共工事品確法が2014年に改正され、これまで設計施工分離方式が既定路線だった我が国の公共工事でも「多様な契約方式」が試されるようになってきた。CM(コンストラクションマネジメント)方式、ECI(アーリーコントラクターインボルブメント)方式、DB(デザインビルド)方式、等々。これは建築プロジェクトの各フェーズでの発注者・設計者・施工者の間での役割分担を見直すことで、より良い結果を得ようという試みの一環であり、海外事例を参照しながらも日本の建築生産システムのさらなる進化を目指した動きと理解される。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら