住宅を数多く手掛ける設計者でも、階段に対する考え方は様々だ。お決まりの寸法で手堅く納める人もいれば、プランに応じて個別に変え、生活に取り込む設計者もいる。アトリエ・ワンの塚本由晴氏は後者にこだわる。(日経アーキテクチュア)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら