東京五輪に向けた大型開発の着工がひと段落しつつあり、2016年の着工床面積は15年と同程度にとどまりそうだ。一方、建設就業者の高齢化が進み、今後は労務費がさらに上昇すると予想される。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら