住宅や建築物の建材・設備の選定時に、実務者はどんな資料を参考にするのか。調査からは電子情報の存在感が明確になる一方、紙の資料の活用度も高水準だと判明した。建築物での製品検討時には、営業担当者や実際の使用例も判断材料となっている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら