前回に続いて、準防火地域の木造2階建てで木材を見せながら防火構造とする手法を紹介する。外壁の開口部や内装でも、法令の意図を読み解いて設計に臨めば、大臣認定品なしで木材を現しにすることが可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら