安藤氏はコンピューターへの過度の依存は問題だと指摘する。厳しい社会状況のなかでも、読書や実際の建物の体験、ボランティア活動などで鍛錬を積み、建築の仕事の隙間を見つければ、自分の行く先は開けると説く。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら