1980年代は、安藤氏が環境づくりや海外での設計へとフィールドを広げる“助走期間”となった。香川県直島での長期にわたる設計も80年代後半にスタート。住吉の長屋などが海外で評価されたことが追い風となった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら