少子化で学校間の競争は激しくなっているが、ハードに投じられる費用は限られる。そうしたなか、既存の建物や周辺の環境を評価し、動線やランドスケープをつなげる考え方が、学校建築に求められるようになってきた。既存の要素を生かすことで、学年や所属を超えた生徒のつながりを育み、地域や自然との関係も生み出す。学びのフィールドを広げるデザインに着目した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら