豊洲新市場にとどまらず公共建築の挫折が続いている。新国立競技場の白紙撤回は記憶に新しい。公共プロジェクトを遂行するには、発注者や設計者・施工者の持つ知識を集約し、社会に情報を発信する広報が必要だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら