「接合部の仕様などが現行規定どおりのものは、今回の地震に対する倒壊・崩壊の防止に有効であったと認められる」。国土交通省が設置した「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」が9月12日に開催され、報告書案が大筋で了承された。国交省は最終報告を踏まえ、建築基準法など関連法規の見直しの有無を判断する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら