復興公営住宅で第一に求められた機能はコミュニティーに配慮すること。設計者は、共用廊下を滞留したくなる魅力的な空間に仕立てるとともに、食事室と居間のつなぎ方を工夫してプライバシーも守れるようにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら