2015年7月に白紙撤回された新国立競技場の旧整備計画への支払額は68億円超だった。16年8月26日、日本スポーツ振興センター(JSC)は定例会見で、旧計画に掛かった費用を「設計」「デザイン監修」「技術協力」「発注者支援」とそれ以外に分類して、その内訳を発表した〔図1〕。昨夏に下村博文・元文部科学相が「回収不能になる」と見込んでいた約62億円を、7億円ほど上回る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら