2005年に始まった「建築巡礼」の連載は、取材対象をまずは戦後日本のモダニズム建築としてスタートし、高度経済成長後のポストモダン建築へと移行した。その後、時代を一気に遡り、古代から中世、近世、近代と順に追っていき、前回の戦中期の建築(前川國男邸)でついに歴史が一巡。今回から2周目となる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら