「建て替えか、一部保存か」で揺れる東京都世田谷区庁舎。その再整備について議論する世田谷区本庁舎等整備基本構想検討委員会(委員長:卯月盛夫・早稲田大学社会科学部教授)は、8月8日に公表した報告書で、「現庁舎などの空間特質をできるだけ継承する」という方向性を示した。区は報告書を受け、12月ごろまでに基本構想を作成する考えだ。2020年の着工を目指す。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら