東京・上野にある国立西洋美術館本館を含む7カ国、17の「ル・コルビュジエの建築作品」が世界文化遺産に登録される見通しとなった〔写真1、図1〕。文化庁は5月17日、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスが世界遺産一覧表への記載は「適当」との勧告を出したと発表した。勧告を踏まえ、7月10日からトルコ・イスタンブールで開かれる世界遺産委員会で可否が決定される。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら