廃ガラスを再焼成してつくった装飾ガラス。壁やカウンター、オブジェなどにアクセントとして使用できる。ガラス作家、板橋一広氏がデザイン。ガラスの内部にセラミック成分が結晶化し、立体的な花びら模様を生み出す。受注生産品のため価格は個別見積もり。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら