今までにないプログラムを建築にいかに盛り込むか──伊東豊雄氏が追い続けるテーマだ。そのため、与条件に「機能」として示されているものを、「行為」に置き換える。運営可能なプログラムの範囲を見極める作業も、アイデアの実現を支える。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら