大林組は、外壁タイルの検査を省力化する新型ロボットを開発した。同社が96年に開発した旧型ロボット「点検虫」を大幅に改良したものだ。旧型ロボットでは、上下方向しか移動できず窓や庇などの下部を検査できなかった。新型ロボットは左右に伸縮するアームを取り付けたことで、水平方向も最大3.6mの範囲内で検査できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら