4月22日、新国立競技場の建設予定地の仮囲いに「建築計画のお知らせ」が設置された。標識を設置したのは、東京都の「中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」に従い、建築に伴って周辺地域に及ぼす影響について示すためだ。12月の本体工事の開始に向けて、整備計画の進捗が加速している

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら