誤報を減らすための学習機能を搭載した住宅用火災警報器。日常生活のタバコや調理などで発生する一過性の煙を、環境データとして学習する。各部屋の環境データに合わせて、火災と判断するまでの待機時間を調整して、火災による煙を的確に認識する。警報音は約90dB/mの大音量で、音声メッセージもクリアに出力する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら