軒の出が小さい住宅では、屋根と外壁の取り合い部が雨水浸入の起点となりやすい。納まりのポイントは、二つある。一つは、屋根と壁の防水層をなるべく連続させ、隙間をつくらないこと。もう一つは、内部結露を防ぐために通気ルートを確保すること。つまり、「防水しながら風を通す」という難度の高い納まりが求められる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら