閉じる

突撃!ゲンバ検証隊

日経ホームビルダー

目次

  • 原因不明の大量結露(後編)

    謎の大量結露が発生したある住宅で、原因の検証が行われた。室内外の温湿度を測定。CO2濃度と換気口の換気風量も測定した。今回は、換気設備のプロに話を聞きながら、24時間換気と結露の関係性を探った。

  • 原因不明の大量結露(中編)

    窓ガラスの表面だけでなく、複層ガラスの内部まで結露が広がっていた住宅。現場で原因究明の実験を試みた。今回は、CO2濃度と換気口の換気風量を測定して原因を探った。

  • 原因不明の大量結露(前編)

    「結露のひどい家があるのだが、原因がわからない」と隊長から話があった。窓ガラスの表面に加え、複層ガラスの内部まで結露が広がり、住まい手は悩んでいるという。原因はなにか?隊員たちは、現場に急行。原因究明の実験を試みた。

  • シミ跡の真犯人は一体…?(後編)

    室内に雨漏りのようなシミ跡があったY邸の2階和室。天井を開けてみると、天井裏に室内よりはっきりしたシミ跡があることが分かった。今回は雨漏りの可能性を検証する。

  • シミ跡の真犯人は一体…?(前編)

    室内に雨漏りのようなシミ跡を発見。天井を開けてみたところ、室内よりはっきりしたシミ跡が天井裏にあった。雨漏りなのか、結露なのか。原因を探る。

  • 水漏れした個所はどこだ?(後編)

    築10年の木造3階建て住宅の和室で見つかったシミ跡。直上にあるルーフバルコニーが疑わしいことが分かった。ディテールを推測しながら原因を探った。

  • 水漏れした個所はどこだ?(前編)

    築10年の木造3階建てで、2階和室の窓枠などにシミ跡が…。和室の直上にあるルーフバルコニーで排水溝に水を流し込み、漏水個所の有無を点検してみた。果たして原因は特定できるか。

  • ジメジメした地下室の結露対策は?(後編)

    夏型結露が疑われたK邸。温湿度を測定して結露対策を探った。同様に地下室を持つ他の住宅では、どのような対策をしているのだろうかを調べた。

  • ジメジメした地下室の結露対策は?(前編)

    前回の検証で、夏型結露によって地下室がジメジメしている可能性が高いことがわかったK邸を、再び訪問した。温湿度を測定したり、空調設備メーカーに取材したりして、結露対策を探った。

  • 窓を開けても開けてもジメジメする家(後編)

    復刻版・日経ホームビルダー

    築5年の地下室付き住宅の住まい手から、結露とカビに悩んでいるとの相談を受けた。窓を開けて換気に努めても、地下室がジメジメして仕方ないという。温度や湿度を測定し、結露発生の原因を調べることにした。今回は、模型を使って夏型結露の発生の仕組みを検証する。

  • 窓を開けても開けてもジメジメする家(中編)

    復刻版・日経ホームビルダー

    築5年の地下室付き住宅の住まい手から、結露とカビに悩んでいるとの相談を受けた。窓を開けて換気に努めても、地下室がジメジメして仕方ないという。温度や湿度を測定し、結露発生の原因を調べることにした。今回は、測定結果を見ていく。

  • 窓を開けても開けてもジメジメする家(前編)

    復刻版・日経ホームビルダー

    築5年の地下室付き住宅の住まい手から、結露とカビに悩んでいるとの相談を受けた。窓を開けて換気に努めても、地下室がジメジメして仕方ないという。温度や湿度を測定し、結露発生の原因を調べることにした。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る