新しい構造と材料の建築を、次々と生み出している坂茂氏。その原点は、やはり紙の建築だろう。しかし、米クーパー・ユニオン卒業、磯崎新アトリエ勤務という経歴からは、そうした構造や材料への志向がいつ芽生えたのかは見えてこない。なぜ独自の構造や材料を追究することになったのか。そしてなぜ紙だったのか。偶然の巡り合わせもあるが、目指すべき建築家像を持ち続けたことで、今の坂氏につながる道が切り開かれた。(全3回のうちの第1回)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら