日経アーキテクチュアの創刊時からの編集方針の一つが「建築と社会との関係」の検証です。その芸術性をいくら強調しても、有用物である建築は経済社会のニーズを無視したかたちで誕生、存在することはできません。建築の専門家の仕事は経済社会の目にどう映り、どのように評価され、どこへ向かっているのでしょうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!