ある日、《みどり》と《一平太》は1年前に手がけた二世帯住宅の顧客OB《平野マミさん》から、新居を建てたい友人《香川梨花さん》を紹介された。ところが、梨花さんは極度の「におい恐怖症」。夫の《真一郎さん》はピアノ殺人事件を起こしかねない「騒音過敏症」だということがわかった。一平太とみどりは、平野邸のにおいと音の調査をしがてら、梨花さん夫妻に「におい対策チェックシート」を渡し、詳しい要望を書き込んでもらった。調査に同行した住環境の専門家《曽野道大家さん》によれば、「騒音過敏症」の原因は、物理的な音の大きさより、当人の心理的要因のほうが大きく左右するという。たとえば、当事者間の人間関係。嫌いな人間がたてた音はうるさく聞こえるというのである。それを聞いた梨花さんは……。

>>シリーズの目次に戻る

この作品は取材と調査にもとづくフィクションです(初出:日経ホームビルダー 2006年12月号)