建築確認と完了検査

 省エネ基準への適合義務は建築基準関係規定とみなされる。省エネ適合性判定は建築確認、完了検査と連動しており、省エネ基準への適合を通知する省エネ適合判定通知書がないと着工ができない。

 ポイントは設計一次エネルギー消費量の算定に用いる建材や設備の仕様などを設計図書に明示することだ。

建築確認と省エネ適合性判定は連動する
(資料:国土交通省の資料を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 完了検査時には、省エネ適合性判定を受けた省エネ計画の内容通りに工事が行われているかどうかを工事監理報告書や目視によって確認・検査を行う。そのために、設計図書に明示した建材や設備の仕様などに合致した工事が行われているか納入仕様書などで確認する必要がある。これらの仕組みによって省エネ基準への適合を担保している。

完了検査は計画変更に注意
(資料:国土交通省の資料を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

建築物省エネ法を徹底解説(2)省エネ適判後に設計変更したら?>>