都心の建物のファサードで、隈氏が本格的に木材を使った最初の事例。建物を覆うルーバーは、長さ8.4mのカラマツ集成材。4本ごとにスプリンクラーを設置して、耐火性能を確保している(写真:吉田 誠)
ONE表参道(2003年)
都心の建物のファサードで、隈氏が本格的に木材を使った最初の事例。建物を覆うルーバーは、長さ8.4mのカラマツ集成材。4本ごとにスプリンクラーを設置して、耐火性能を確保している(写真:吉田 誠)

高まる建て主の意識、国産材で社会貢献を