建築家 東京大学教授 隈 研吾氏(写真:澤田 聖司)
建築家 東京大学教授 隈 研吾氏(写真:澤田 聖司)
[画像のクリックで拡大表示]

世界的に活躍する建築家の隈研吾氏は、早くから木材に着目し、その魅力を伝える作品を数多く生み出してきた。環境意識が高まるなか、最近では国産材の活用を要望する企業や建物オーナーが増えてきたという。木材を使う意味と、その魅力や可能性ついて語ってもらった。

―都会から地方まで、あるいは商業施設から公共施設まで、隈さんは国産の木材を使った建物を数多く設計されています。どのような経緯で、木を使うことが多いのですか。

 ここ数年、設計の依頼に来る時点で、クライアントが木を使いたいと考えているケースが明らかに増えています。例えば、東京・南青山の菓子店、SunnyHills at Minami-Aoyama(2014年)では、オーナーと初めて会った日に、木を生かした建物を設計して欲しいという依頼を受けました。

都心に「木の店舗」を要望したクライアント
SunnyHills at Minami-Aoyama(写真:安川 千秋)
クリックで関連記事
(写真:安川 千秋)
SunnyHills at Minami-Aoyama(写真:安川 千秋)
クリックで関連記事
(写真:安川 千秋)
東京・青山の菓子店SunnyHills at Minami-Aoyamaは、木材を使った店にしたいというクライアントの要望から設計がスタート。通行人の目を奪う建物が完成した。構造や内外装に、岐阜・美濃産ヒノキを使用している
関連記事 ── SunnyHills at Minami-Aoyama

 一方で、木を使う設計提案が、評価されるケースもあります。設計コンペで他社と競った浅草文化観光センター(12年)では、浅草のシンボルである雷門の正面に建てる建物に、木材を多用する提案が評価されて、私たちの事務所が設計者に選ばれました。

浅草文化観光センター(2012年)
浅草文化観光センター(写真:吉田 誠)
(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
浅草文化観光センター(写真:吉田 誠)
(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
浅草・雷門の目の前に建つ、平屋を積み上げたような8階建ての施設。スギの外装ルーバーのほか、内部の天井や壁にも木材を多用している