牧畜の納屋がモチーフ

 オガールプラザの外観は、マンサード型の架構が目を引く。松永氏は「初めてこの地域を訪れたとき、牧畜の納屋がマンサード型で多く目についた。そこで、風土性を出すためにモチーフとした。構造設計を担当したホルツストラの稲山正弘氏からも、木造で大空間をつくるにはマンサード屋根が合理的だとお墨付きをもらった」と説明する。

オガールプラザのマンサード型の屋根は、地域に残る牧畜用の納屋をモチーフにした。構造においても大スパンの架構にうってつけだった(写真:井上健)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造については、準耐火木造と鉄筋コンクリート(RC)造の平面混構造の2階建てとした。延べ面積が約5800m2の大規模建築だが、木造棟の間にRC造によるコア部分を2つ間に挟むことで、防火区画を3つとした。防耐火については、燃えしろ設計による準耐火建築物とし、カラマツ中断面集成材の木の架構を現しにした。また、RC造に地震力を負担させ、木造部分の負荷を減らしてスレンダーな材料とすることができた。

 建築コストは坪当たり40万円台に収めた。「事業計画から逆算して投資コンサルタントがはじきだした数字で、この建築費で事業を進めることが課せられた。鉄骨(S)造などではこのコストは無理だった。一般に流通している中断面の集成材を使い、金物も汎用品を使うことでコストを抑えた。普通の住宅を建てている大工が扱える工法を採用することで、ローコストを実現した」と松永氏は打ち明ける。

オガールプラザの中央棟に入る紫波町立図書館。2層吹き抜けで、方杖付き2ヒンジ山形ラーメン架構でスパン28mの大空間をつくった(写真:井上健)
[画像のクリックで拡大表示]
図書館の2階。大梁は幅240mm×高さ390mm。幅120mmの部材を2丁合わせにして、1本の大梁にした。住宅用のプレカット工場で加工できるようにしてローコストに抑えた(写真:井上健)
[画像のクリックで拡大表示]
オガールプラザの西棟にはマルシェ(産直販売所)がテナントとして入居する。当初、2階に床を張って宿泊施設とする計画だったが、商業空間としては天井が高い方がよいと判断し、吹き抜け空間に計画変更した(写真:井上健)
[画像のクリックで拡大表示]
オガールプラザの1階平面図(資料:近代建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]
オガールプラザの2階平面図(資料:近代建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]
オガールプラザの南側立面図(資料:近代建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]
オガールプラザの断面図。左は図書館の妻行方向断面図、右は産直販売所の妻行方向断面図(資料:近代建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]