省エネ住宅を手掛ける実務者の間では、熱損失係数(Q値)や相当隙間面積(C値)から外皮平均熱貫流率(UA値)に興味・関心が移ろうとしている。松尾設計室の松尾和也さんにも、「UA値をどのくらいにすればいい家になるのか?」という質問が多く届くという。そこで今回は、健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する設計手法を解説してもらう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら