2016年、アジアでは高さ500メートル前後の超高層ビルが5つ完成する。ビルにはオフィスや商業施設、高級ホテルが入る予定で、すべて中国と韓国で建設中だ。

平安国際金融中心(中国):深圳市に建設中のオフィス専用高層ビル。完成すれば、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」に次いで世界第2位の高さ(総高599m)となる。
[画像のクリックで拡大表示]

 東洋世界は“直立した”2016年を準備している。少なくとも、建築的観点からみれば。

 中国と韓国では、今後12カ月以内に5つの超高層ビルが完成する予定だ。どれもドバイのブルジュ・ハリファの世界首位と、その高さ829.8mを超えることはない。しかし、これらの建物のいくつかは、すぐにギネス世界記録に加わることができるだろう。

 中国・深圳の平安国際金融中心を迎え入れる巨大な塔は、「世界で最も高いオフィス専用ビル」の肩書きを、ニューヨークのワン・ワールド・トレード・センター(アメリカ同時多発テロで崩壊した世界貿易センタービルの跡地に建てられたビル)から奪うこととなる。材料の安全性の問題が原因で、2013年に建設が一時中断されたこの建物だが、完成すれば100以上の階と、総高599mを誇ることなる。

 同じく中国の天津では、高銀金融117がオープンする予定だ。高さは597mに達し、頂上にはダイヤモンド型の巨大なドームがそびえ立つことになる。

 銅メダルは韓国のものだ。555mの高さをもつロッテワールドタワーは、この国で最も高い建物となるだろう。商店やオフィスだけでなく、7つ星ホテルも入居することになっており、10月までには完工する予定である。

 トップ5を締めくくるのは、中国にそびえ立つことになる2つの建築だ。ひとつは広州のCFTファイナンス・センター(530m)。もうひとつは、華東建築設計研究院有限公司(ECADI)が設計を担当し、船の世界からインスピレーションを得た曲面の外部構造をもつ武漢センタータワー(438m)だ。

TEXT BY FILIPPO PIVO
TRANSLATION BY TAKESHI OTOSHI
(掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。)