あなたはいくつ意味が分かりますか?

 さて、今号で取り上げた75語のうち、あなたはいくつ意味が分かりますか?

テーマ1.「生産性革命」
001.建設ロボット/002.MR(複合現実)/003.点検ドローン/004.人工技能/005.3Dプリンター/006.バイタルセンサー/007.施工管理の自動化/008.BIMレベル3

テーマ2.「建築産業・法制度」
009.働き方改革/010.職人のキャリアアップ/011.快適トイレ /012.建設産業政策2017+10/013.デザインビルド/014.コンセッション/015.民法改正/016.建築基準法見直し/017.業務報酬基準見直し/018.専門職大学

テーマ3.「意匠・計画」
019.デジタル・コンストラクション/020.装飾の復権/021.住宅シミュレーション/022.シェアオフィス/023.オールジェンダー/024.稼ぐ保存/025.社会実験/026.リレーショナル・アーキテクチャー

テーマ4.「新素材」
027.CFRP(炭素繊維強化プラスチック)/028.CNF(セルロースナノファイバー)/029.ETFE(熱可塑性フッ素樹脂)/030.交流できる窓ガラス /031.IoT調光ガラス/032.透明断熱材/033.化学強化ガラス/034.形状記憶合金/035.自己修復コンクリート /036.ハイブリッド木材

テーマ5.「環境・エネルギー」
037.ゼロエネ(Zero energy)/038.省エネ適判/039.蓄電設備/040.進化系LED/041.IoT建築/042.WELL認証/043.ESG投資/044.サステナビリティ・リノベーション

テーマ6.「防災・減災」
045.AI制振/046.構造ヘルスモニタリング/047.長周期・大振幅地震動対策/048.インテリジェントセキュリティー/049.警備ロボット/050.災害用ドローン/051.統合地震シミュレーション/052.リアルタイム被害推定/053.レジリエンス

テーマ7.「ストック再生」
054.団地再生/055.安心R住宅/056.インスペクション/057.全国版空き家バンク/058.不動産総合データベース /059.沿線空き家/060.買い取り再販

テーマ8.「インバウンド」
061.移動式水上ホテル/062.古民家再生/063.ゲストハウス(簡易宿所)/064.民泊/065.バリアフリー化/066.IR(統合型リゾート)/067.多言語対応

テーマ9.「スタートアップ」
068.宇宙建築/069.宅配ロボット/070.水素社会/071.働き方改革オフィス/072.無人店舗/073.生活支援ロボット/074.建築ベンチャー/075.不動産テック

 実は編集長である私も、企画段階では半分程度しか意味が分かりませんでした。けれども出来上がった記事を読んで、どれもがこれからの建築実務に必須の言葉だと納得しました。そして、「働き方≒技術」という2018年の重点テーマに間違いはないと確信しました。

 「技術」ということでいうと、この日経アーキテクチュア・ウェブは、2月13日から新たな技術情報サイト「日経 xTECH(クロステック)」に生まれ変わります(詳細はこちら)。さらにパワーアップする2018年の日経アーキテクチュアにどうぞご期待ください

出典:2018年1月11日
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。