日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発・移転】三井物産と三井不、大手町の共同再開発に1700億円投資

2013/08/08

大手町一丁目2番街区一体開発事業(仮称)の計画地(写真手前は大手町パルビル)
大手町一丁目2番街区一体開発事業(仮称)の計画地(写真手前は大手町パルビル)
計画地の地図(資料:三井物産、三井不動産)
計画地の地図(資料:三井物産、三井不動産)

 三井物産と三井不動産は8月8日、千代田区大手町1丁目の三井物産ビル、大手町一丁目三井ビルディング、大手町パルビルを一体で再開発する共同事業について基本合意した。投資額は三井物産が約1200億円(本社社屋建て替えを含む)、三井不動産が約500億円を予定している。

 開発地は地下鉄千代田線の大手町駅に直結する大手町1丁目2番街区で、土地面積は2万847m2。このうち三井物産ビルの土地1万2714m2は三井物産が所有しており、大手町一丁目三井ビルディングの土地5371m2は三井不動産が所有している。大手町パルビルの土地2760m2は、2社が持分50%ずつで共有している。

 建設する建物の概要は公表していないが、オフィスと商業施設を含む複合用途のビルを建設する。2015年に解体工事に着手し、2016年の着工、2019年の完成を予定している。

 三井物産は2014年度中に仮事務所に移転する。移転先は、丸の内1丁目で建設が進んでいる日本生命丸の内1丁目プロジェクト(仮称)と、大手町1丁目のJAビルだ。


[開発の概要]
開発名:大手町一丁目2番街区一体開発事業(仮称)
所在地:千代田区大手町1-2(住居表示)
最寄り駅:地下鉄大手町駅直結
面積:土地2万847m2
事業主:三井物産、三井不動産
用途:オフィス、店舗
用途地域:商業地域
容積率:1300%(法定)
工期:2016年~2019年
投資額:約1700億円(三井物産約1200億円、三井不動産約500億円)

[移転の概要]
テナント名:三井物産
移転先ビル:日本生命丸の内1丁目プロジェクト(仮称)(千代田区丸の内1-1-3)
      JAビル(千代田区大手町1-3-1)
移転元ビル:三井物産ビル
移転時期:2014年度
周辺エリアの賃料相場:東京駅周辺(丸の内・大手町・有楽町・内幸町)エリア

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)