日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【注目環境ビル】(2)呼吸する外皮、飯野ビルディング

2011/07/21

■奥行き80cmのダブルスキン(外皮)が呼吸するように外気を導入
■ビル運用段階の想定エネルギー消費量が932(MJ/m2・年)と極めて少ない
■建物設備の省エネ効率を表す指標がトップクラスの水準

 窓部の奥行き感と、格子状のデザインが醸し出す端正さが外観の特徴だ。飯野海運の飯野ビルディングは、「呼吸する外皮」によって事務所部分の空調に使用するエネルギー消費量の約4割を削減する。

 地下鉄「内幸町駅」に地下通路でつながり、将来は「霞ケ関駅」と直結する。徒歩10分圏内に5駅12路線という利便性の高さだ。オフィス賃貸可能床面積は21フロアで約5万m2。2011年10月に開業の予定だが、4月までにテナントが内定し、満室稼働することを明らかにしている。

奥行き80cmのダブルスキン

 省エネに重要な役割を担うのが、奥行き80cmのダブルスキンだ。建物の外装をガラスで2重化したもので、空気の通り道になる。間に設置した電動ブラインドが日射を遮り、ダブルスキン内の暖まった空気が対流を生み、上から排出される仕組みだ。超高層の賃貸ビルで、これだけ奥行きのあるダブルスキンは珍しい。

飯野ビルディングの外観。窓部の奥行き感と、格子状のデザインが醸し出す端正さが特徴だ

ダブルスキンの機能(資料:飯野海運、竹中工務店)

 ダブルスキンには、外気を室内に取り入れる機能も持たせている。外気は執務室の奥まで流れ、建物のコアゾーンに設けた「エコボイド」と呼ぶ、ビルを縦方向に貫く煙突状の吹き抜け空間から排出する。エコボイドは、リフレッシュコーナーやエレベーターホールなどに自然光を取り入れる役割も担っている。

エコボイドからの自然光で明るいリフレッシュコーナー

菅 健彦日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)