6月1日に改正建築基準法、6月25日に改正建築士法が相次いで施行される。構造計算書偽造事件を発端とする改正以来の大改正だ。旗印は経済活性化。両法の改正が、建築実務や市場に及ぼすインパクトは大きい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!