スプリンクラー設備と自動火災報知設備の設置基準が強化される。政府は2013年12月24日、消防法施行令の改正を閣議決定。同27日に公布した。15年4月1日に施行する〔図1〕。今回の改正は、13年2月に長崎市で発生した認知症高齢者グループホーム火災や、12年5月に広島県福山市で発生したホテル火災を受けた措置。火災発生時に安全に避難できるようにすることが狙いだ。  総務省消防庁は14年1月30日まで、消防法施行規則の改正案について意見を受け付けている。こちらも15年4月1日に施行する予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら