発注者はこう見る

(写真:守山 久子)

森 民夫 長岡市長

発注者のために一生懸命

 1階に議場をもってくるのは鋭い提案だが、ここまでやるのかというのが正直な気持ちだった。ただ、実現できれば面白い。この案を後押ししようと思い、議員協議会に隈氏を呼んで説明してもらった。設計者自身が信念をもって説明するという行為に大きな意味がある。市長が説明するより、よほど説得力を持つ。

 私たち発注者が設計者に求める重要な要素は、コミュニケーション能力だ。政治の世界も同じだが、相手が求めている要望を引き出し、それに対して理解を深める力が欠かせない。その際、相手の言葉の表面的な意味に惑わされず、真意を探ることが大切。きちんと真意をくみ取れば、何らかの解決策は見つかるものだ。その点、隈氏は発注者に対して一生懸命になれる人だと感じている。(談)